馬神スポンサー広告 ≫ 馬神 ~師匠との出会い その6~馬神馬神 ~師匠との出会い~ ≫ 馬神 ~師匠との出会い その6~

スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

馬神 ~師匠との出会い その6~

スポンサーリンク

午後のレースが始まった
相変わらず私とマスターは6R 7R 8Rと的中なし
そして二人は9R萩野さんに乗ることにしました。
「萩野さん、9R乗らせてくださいよ。」とマスターが切り出した。萩野さんは快く
「どうぞどうぞ、当たらないけど」
そしてパドックへ3人で向かう。
「萩野さん、何番ですか?」
「12番です」マスターはびっくりした顔で聞き直した
「12番ですか?」何と10番人気だった
「萩さんあれ人気ないですよ」
「人気なんか全く関係ないですよ」その瞬間萩野さんの顔色が変わった
じっと12番だけを黙って見ていました。そしてしばらく無言が続き萩野さんは
「このレースは(見)にしましょう」と一言
「どうしたんですか?」とマスターが聞くと、
「調教を坂12本、やってるのに太い。本来なら前走が478キロから4~7キロマイナスで出てくるはずなんだけど、
プラス体重の理由がわからないからこれじゃ買えないですね。
おそらく飼葉食いが良すぎたか、坂路調教が馬なりのみのどちらかでしたね。
おそらくその両方でしょう。これでは仕上がりが悪すぎますね」
この時確かに私にも太く見えましたが、発表は馬体重プラス6キロでした。

この馬はこれで、ここ3レース続けて馬体重が増えたことになり
この時期は動いてなかったんだと想定されます。
よって確かにな~と頷ける内容でした。
私はそのことを頭の片隅どころかど真ん中に刻み込みました!
私は萩野さんと意見があったことは嬉しかったが、また疑問が1つ出来た。
(12番がだめなら違う馬を買えばいいんじゃないの?)
そして分かったことが。
そういえば先日二人でこんなことをはなしていたな
萩野さんは
「最近GⅠレースが全然当たらなくて。前回取ったのは何のGⅠだったかな」
「萩野さん、それはGⅠが当たらないんじゃなくて、最近のGⅠレースをみんな見にしてるからじゃないですか」
「そうか最近のGⅠ難しいからね」
二人で笑ってる・・・
この人は自分が買いたいと思っている馬以外は全く興味がないんだ!
パドックもその馬しか見ていないんだ。だからその馬が悪い状態の時はあっさりそのレースを「見」にできるんだ!!
この人はレースをやりに来ているんじゃないんだ!馬を買いに来ているんだ!
だからどんなに大きなレースでも「見」ができるんだ!

私の範疇をはるかに超越した世界観にもう機能停止寸前、私の器では到底理解できず
また図ることなんてできるはずもなかった。
結局このレース
私は1番人気から馬連で相手5頭、3番人気から馬連で相手5頭購入
マスターは1番人気から馬連で相手何と8頭。萩野さんは(見)だった。
そしてレースが始まった。
いい感じで1番人気が抜け出し、直線半ばでもうもらったと思った瞬間
2番人気が突っ込んできて直線は2頭のたたき合い!そしてそのままゴール長い判定。そして確定!
1番人気は2着。
的中したものの2人とも取ガミ(=的中したのに収支がマイナスであること)。
そして12番は馬群に沈み10着でした。萩野さんは
「重かったか、その馬自体に力がなかったかわからないけど、言えるのはパドックの段階ですでに購入できる馬ではなかったということですね」
私は思いました。よくこんなに目の前で競馬が行われているのに我慢できるなと。
そして10R。またマスターが萩野さんに
「萩さん10Rはやるの?」
「やるよ」と萩野さん一言
「乗らしてもらってもいい?」とマスター
「どうぞどうぞ。でも11Rのメインの方が自信はあるけどね。11Rは鉄板かな!」
萩野さんの顔は自信に満ち溢れていた。私はそのレースには必ず乗ろうと決めていた

そして再びパドックへ
「萩さん、何番?」
「8番ですよ」またまたマスターの顔色が一変!何回もオッズシートに目をやるマスター。
「え?8番、萩さんそれ11番人気だよ」
「だから人気は関係ないって」萩野さんはただ1頭8番のみをずーと眺めて
他の馬は一切見ていません。俺なら全部見るけどな・・・

そして萩野さんが
「よし今回は行ける」と一言
「門倉君どうする11番人気だよ」とマスターが
「僕も素人眼にですがよく見えました。」マスターは疑いの目で
「門倉君馬見られるの?」
「少しだけ」(おいおい、マスター少しだけ見られるんだぞと思いました)

そしてまたあの光景が。萩野さんはおもむろにカバンから封筒を取り出し
帯封を切りそのままマークシートを塗ったかどうかわからない速度で、馬券を購入に行きました。
私とマスターはぎりぎりまで考えて、マスターは11番人気の8番から相手1番
人気から7番人気の馬連500円ずつ。私は8番から馬連で総流し200円ずつ。

そしてレースが始まった
レースは8番が逃げて他の馬はみんな追いかけていかない。
おそらくつぶれるとおもっい追いかけないのだろうと思いました。
最後の直線まで粘った。私は祈った。(お願い!)
しかしどんどんリードはなくなり、残り400M!しかしまだ3馬身差!!
でもまだ先頭を走っている!後200Mがんばれ!!
そして直線の真ん中を通って足色のいい2頭が突っ込んできた!
人気薄7番人気と3番人気の2頭である!!
1番人気はもうすでに馬群に沈んでいる。がんばれ!!と心の声。
いや、言葉には出ていた。もう瞬きすらできない状態!
ラスト100Mもう1頭2番人気も飛んできて4頭が並んだ!
そして4頭がほぼ横並びでゴール!!
1着は7番人気の3番
そして8番は直線手前で刺され2着と3着と4着の写真判定となった
写真判定。長い長い写真判定。凍り付くような長い時間。
もし7番人気3番と11番人気8番で決まれば馬連5万馬券。
2番人気の2番は不利に見えるが2着3着は全く分からない!
そして待つ
ただ待つ。ただただ待つ。とても冷静でいられない状態で待つ
私は思った。横でマスターが震えた声で
「門倉君、どっちだと思う!8番が2着だよね!」
「本当にわかりませんね?」
そして大写しに!それでも全く分かりません
そして祈った。同じことをつぶやきながら(このレースは取らせてください!)
(この際もう同着でもいいと!)

そして判定結果が!


師匠との出会い その7 に続く

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

UMAKAMI

Author:UMAKAMI
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (0)
馬神 (1)
馬神 ~師匠との出会い~ (9)
馬神~師匠から教わった競馬の奥の深さ~ (4)
馬神 シーズンⅢ~馬柱の読み方を教わる~ (0)

最新記事

登場人物紹介

主人公 門倉 雅人
競馬の師 萩野 武
友人1  吉川
麻雀店のマスター 西村 
カウンターバーのマスター 藤井
友人2 石井
友人3 岸本
友人4 吉田
クラブのママ 恵
クラブのホステス 葵
クラブのホステス 楓

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

最新コメント

『馬神降臨』

物語タイトル 『馬神降臨』

門倉が、クラブKの会員の皆様 他 競馬好きなファンの皆様へ
競馬をただ単にギャンブルとしてではなく、もっと、競馬を馬を愛してもらいたい。
競馬をただ単そういう気持ちからこの物語(ノンフィクション門倉が経験した事実)
を皆様に読んでいただきたく、このブログを立ち上げました。
どうして門倉が予想家となったのか。
師匠との出会い。
馬との出会い。
クラブKの会員の皆様との出会い。
馬券の買い方のノウハウ。
パドックでの馬の見方。
など 競馬ファンなら、喉から手が出るほどの情報満載。
そして、ファンならずとも誰もが楽しめるお話だと思います。
最後までどうぞお付き合いください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。