馬神馬神 ~師匠との出会い~ ≫ 馬神~師匠との出会い その2~

馬神~師匠との出会い その2~

スポンサーリンク

~中山競馬場にて~
門倉:
「マスター、おはようございます。今日はありがとうございます」
マスター:
「おはよう、なんか楽しそうだね~。おー来た来た!萩さん」
「門倉君、こちら 萩野さん」
荻野:
「初めまして、萩野です」
門倉:
「初めまして、門倉です」
(この人こんな若造の俺になんでこんなに丁寧なんだろう?)


~これが私と師である萩野さんとの出会いでした~

マスター:
「萩さん、今日は何レースからはじめるんだい」
荻野:
「10Rからかな」
門倉:
(えーまだ2Rが終わったばかりだよ~。じゃもう少し遅い時間の待ち合わせにしてよ)
マスター:
「じゃ 俺はいいと思ったレースから買うかな。門倉君は?」
「それじゃ、僕もそんな感じで」
萩野:
「予約席とっておいたから、こっちだよ」
門倉:
「すげー、予約席なんて初めてだよ。嬉しいなー」
エスカレーターでドンドン上の回に上がっていく。
「うわー スっゲー」
はじめてみる光景で、目の前がガラス張りのゴール真正面!!
(この人いつもこんなところで競馬してるんだろうか。いいなー)
マスター:
「じゃー俺は4Rから予想をはじめるかな。新聞はと・・・」
門倉:
(おいおいマスター今から予想かよ、俺なんか昨夜のうちに全部終わらせてきてるし)
「じゃー俺も4Rから買います」
(萩野さんはただ新聞を見ているだけで、一向に買おうとしない)
マスター:
「よし、できたこれで行こう。門倉君は?」
「俺もできました。」
「じゃ買いに行くか」
「はい」
その時萩野:
「早いね、パドックは見ないの?」
門倉:
「はい、早いレースなので」
萩野さんは不思議そうな顔をしていた。
今思えば確かに分けのわからないことだ。
マスターと二人で馬券を購入して戻ってくると、萩野さんは一人でコーヒーを飲みながらただ新聞を眺めていた。
萩野:
「二人の分も、買ってあるよ」
とコーヒーがテーブルの上に置いてあった。この人はまだ良くわからないけど、こんな俺にも気を使ってくれるんだなと感じた。
いよいよ4Rが始まる。

その時萩野さんが、つぶやいた。
「10番だな」

レースがスタートして1番人気の5番が直線抜け出す。
私は5番から馬連で相手5頭。もらった!と思ったその瞬間。
外から10番が突っ込んできた。そして5番も刺され3着に。
その時10番は8番人気だった。
マスター:
「何だよ~。1.9倍の1番人気があんなに簡単に差されて3着かよ。だめだな。門倉君はどうだった?」
門倉:
「俺も当然だめでしたよ~。」
まだまだこれから!これから!と思い、新聞を見る。
5Rも1番人気の8番から2番人気から7番人気へと馬連で流す。
そしてレーススタート!

それと同時にまた、萩野さんが
「12番か」とつぶやく


そして1番人気の8番が直線で抜け出したところに、外から12番が突っ込んできて2着。その12番は5番人気で、買ってない。
またダメだ。でもこの人また的中させたよ。どうして馬券を買わないのだろう?
マスター:
「まただめだ、ひもが違うよ。だめだね~。萩野さん、飯行きますか?門倉君も」
「はい」と俺は返事をしたけど、どうしてそんなに馬が見えているのに馬券を購入しないのですか?と荻野さんに聞きたくて聞きたくてしかたなかった。
 食事をしながら、萩野さんが声をかけてくれた。
「門倉さんは、おいくつですか?」
「30歳です」
「じゃ、競馬歴はまだ10年くらい?」
「まだ4年目です。いつも負けっぱなしで。全く勝てないのですけど。どうしたら勝てますかね」
「競馬は難しいからね」私は思い切って切り出した。
「どうして勝てそうな馬が見えているのに、馬券を買わないのですか?」
「そのレースを買うつもりで、来ていないからだよ」
私はその時体に何かが走ったのを感じた!!
私はよくわからないまま、
「そうですか??」と理解したふりをした
マスター:
「さー行くよ。次次!次のレースは取るよー」
そして6Rはみんなで「見」をして7Rへ
またも萩野さんは「見」
私とマスターが1番人気から流すも1番人気は馬群に沈み、またまたはずれ。続く8レース9レースは大荒れで全く取れず。そして萩野さんが動いた。


師匠との出会いその3 に続く


スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

UMAKAMI

Author:UMAKAMI
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (0)
馬神 (1)
馬神 ~師匠との出会い~ (9)
師匠から教わった競馬の奥の深さ (0)
馬神~師匠から教わった競馬の奥の深さ~ (2)

最新記事

登場人物紹介

主人公 門倉 雅人
競馬の師 萩野 武
友人1  吉川
麻雀店のマスター 西村 
カウンターバーのマスター 藤井
友人2 石井
友人3 岸本
友人4 吉田
クラブのママ 恵
クラブのホステス 葵
クラブのホステス 楓

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

最新コメント

『馬神降臨』

物語タイトル 『馬神降臨』

門倉が、クラブKの会員の皆様 他 競馬好きなファンの皆様へ
競馬をただ単にギャンブルとしてではなく、もっと、競馬を馬を愛してもらいたい。
競馬をただ単そういう気持ちからこの物語(ノンフィクション門倉が経験した事実)
を皆様に読んでいただきたく、このブログを立ち上げました。
どうして門倉が予想家となったのか。
師匠との出会い。
馬との出会い。
クラブKの会員の皆様との出会い。
馬券の買い方のノウハウ。
パドックでの馬の見方。
など 競馬ファンなら、喉から手が出るほどの情報満載。
そして、ファンならずとも誰もが楽しめるお話だと思います。
最後までどうぞお付き合いください。