馬神スポンサー広告 ≫ 馬神 ~師匠との出会いその9~馬神馬神 ~師匠との出会い~ ≫ 馬神 ~師匠との出会いその9~

スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

馬神 ~師匠との出会いその9~

スポンサーリンク

何と萩野さんの握っていたその馬券とは

7番の複勝!!!

驚き、仰天、騒然!!1番人気の複勝!?
金額は何と

300,000円!!

どうして?と思ったその時さらに仰天のシーンが!

何とそれがもう1枚!!
合わせて600,000円

私が不思議そうに、またいろんな意味で硬直していると、
「馬券は1枚50万までしか買えないんだよ」と萩野さんが
いやいやそうではない。硬直の理由

1、なんで1番人気の馬の複勝=どうせ120円くらいでしょ?

2、いつも10番人気や11番人気の複勝を狙いすましたように取るのに
  1番人気?それなら単勝にしないの?

3、これが来なかったら俺の責任だ!

こんなくだらないことを考えていたが萩野さんのレベルはやはり常人の域を超えていた。
結局レースは1着10番(12番人気)、2着7番(1番人気) 
3着4番(9番人気)と、大荒?のレースだった。

俺なら単勝を買ってたな・・・と思っていたら
確定のランプ!
それを見ていつものことだがまたまた仰天! 
ぶっ飛び! 
あたり騒然!
3連複は何と39万馬券!!それよりも驚いたのは
なんと!7番(1番人気)の複勝

190円もついたのである

1.9×600,000円=1,140,000円



そう、これなら十分だ!終わってみれば

プラス540,000円!!!

でも萩野さんは複勝が1.9倍もつくのが分かっていたのだろうか?
「萩野さん、もうわからないことだらけなので教えて下さい。このままだと今晩眠れそうにありません」
「なに?」
「まず、どうして僕をパドックに誘ってくれたんですか?」
「だって門倉君、パドック見られじゃない!」
「そんなことないですよ」
「いいや、そうでしょ!現にこのレース取れたじゃない!それに前回パドックを当てて見せたでしょ!」
「すべてはたまたまですよ」
「では3番が細いことはどうして見切れたの?」
「あれは僕の見間違いです。実際はプラス10キロでした」
「いいや、あれは細かったんだよ。厩舎情報でカイバ食いはいいけど
2走前にマイナス20キロがまだ戻ってないんだよ。
だからプラス10キロでもまだ戻っていない、よってまだ細いが正解なんだよ」
私は、少しここでホットしました。
「もう1ついいですか?」
「どうして1番人気なら単勝にしなかったんですか?」
「この馬に勝ち切るだけの力、一瞬のキレる足がないからだよ。」
確かに紙面を見るとここ6走で2着4回1着1回5着1回でした。
「どうして馬連やワイドにしないのですか?前回おっしゃた通りですか?」
「よく覚えてないけど。その馬を買いに着ているわけで、他の馬は分からないんだよね。
だから不確定な相手の馬連やワイドは買えないんだよね。ただ今日は2頭しか考えてないんだよ。」
私は最後の(ただ今日は2頭しか考えてないんだよ。)は何気なくしか聞いていませんでした。
これが数時間後私をまたも判別不能の世界に送り込むファクターとなるとは思いもしませんでした。
「最後にもう1つだけいいですか?あの複勝が190円もつくと最初から想定されていたんですか?」
「それは分かりませんし、相手がたまたま人気薄が来たのでそうなっただけで、
最も私はオッズは関係なく買います。
それはオッズを買っているのではなく、
来る馬の複勝馬券を買っているからです

そして私はその萩野さんのおっしゃってることをノートに書きこみ、
次の9Rに。当然萩野さんはまたあの香りをさせている。ここも<見>!!
そして我々はというと実はマスターがここで登場していないのは・・・

<寝てる!>

だからこうなるといったのに。黙って寝かしておくことに。
相変わらず私は的中なし。朝から坊主です。
そして迎えたメインレース(重賞)である。重い腰を萩野さんが持ちあげて買と思ったら
「マスター、メインだよ。やらないの?」
寝ぼけた顔で
「萩さん ありがとう」
そしてパドックに行こうとした時、席に戻った萩野さん。
「萩野さん、パドック見ないんですか?」
「もう今日は終わりなんだよ。もう考えてきた2頭が終わったからね」
そういえば!!!
「2頭しか考えてこなかった」っておっしゃってましたよね。
「そうなんだよ」
私は、「だってメインレースだよ。どうしてやらないの、どうして我慢できるの?
何を買っていいかわからないの?」
またまた迷宮!!なんでということは朝から、最初から8Rしかやる気がないのに来たんだ!?」
メインはみんなが知っている馬ばかりGⅠレースである。
私はここを勝負レースに考えていましたが、やはり
惨敗。いよいよ最終レース




スポンサーリンク

私が12Rの新聞で予想を始めだすと、横でマスターは

<寝てる、やっぱり寝てる>
これでマスターの今日の負けは少なくて済んだ。
萩野さんはというと
<コーヒー、やっぱりコーヒー>
12Rの予想をする気すらない様子で、私は思い切って聞いてみた。
「12Rはどうするのですか?」
「もう今日は終わりだよ」
(エー!もしかして8Rの1番人気の複勝を1本購入するために朝から来たのか!!)
しかし、この考えはあまりにも競馬のことを知らなさすぎるということが、後々わかるまでそう時間がかからなかった。
12Rの結果は記載する必要すらない。当然的中なしであった。
今日も朝から来てマイナスである。
どうしてこうも的中しないのか?自分の実力のなさにほどほど愛想が尽きてきた。
落ち込んでいる私を見て萩野さんが言った一言がまた私を競馬の世界へと突き進ませる一言となった。それは
「門倉君は競馬を楽しみたいの?それとも競馬で稼ぎたいの?両方はあまりにも虫がよすぎるよ。」

私は後ろからハンマーで殴られたかのような気がした。
確かにそうだ!楽しんでなおかつ儲けようなんてあまりにも自分勝手な考えだ!

世の中そんなに甘くない!!特に競馬は!
「本当におっしゃる通りです。」
私は萩野さんの真正面に立ち、深々と頭を下げ
「お願いします。俺を弟子にしてください。もっと萩野さんから競馬のこと、
いや<人間力>を学びたいんです。お願いします。弟子にしてください」
周りの人たちは、何が起こったのかと様子でこちらを見ていたような気がしていた。
私は周りの様子など気にする余裕などなかったから見てはいないが。
萩野さんは困ったように
「おいおい俺は弟子を取るなんて言うほど競馬うまくないよ。」
「絶対にそんなことありません。
俺は競馬場から帰ったらいつも萩野さんの競馬に対する取り組みをいつも深く考えさせられていました」
萩野さんは本当に困った様子でしばらく腕組みをしたまま、
また私は頭を深々と下げたまま、2分ぐらいが過ぎただろうか?そして萩野さんは

「分かったよ。じゃ、来週からしばらく競馬場に一緒にくるか?」

私は天にも昇る思いで、女の子に告白した時よりもその何倍も嬉しくて
いつの間にか泣いていました。(女の子たちごめんなさい)
そして何事かと目を覚ましたマスターは
「あれ 門倉君、どうしたの、負け過ぎたの?」
と寝そうな顔をしてマスターが起きてきた。
私は嬉しくて嬉しくてマスターの言葉はあまり耳に入ってきませんでした。
(ごめんなさい、マスター)

ここに萩野 武の弟子門倉 雅人が誕生したのであった


シーズン1 ~師匠との出会い~ The End
シーズン2 に続く

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

UMAKAMI

Author:UMAKAMI
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (0)
馬神 (1)
馬神 ~師匠との出会い~ (9)
馬神~師匠から教わった競馬の奥の深さ~ (4)
馬神 シーズンⅢ~馬柱の読み方を教わる~ (0)

最新記事

登場人物紹介

主人公 門倉 雅人
競馬の師 萩野 武
友人1  吉川
麻雀店のマスター 西村 
カウンターバーのマスター 藤井
友人2 石井
友人3 岸本
友人4 吉田
クラブのママ 恵
クラブのホステス 葵
クラブのホステス 楓

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

最新コメント

『馬神降臨』

物語タイトル 『馬神降臨』

門倉が、クラブKの会員の皆様 他 競馬好きなファンの皆様へ
競馬をただ単にギャンブルとしてではなく、もっと、競馬を馬を愛してもらいたい。
競馬をただ単そういう気持ちからこの物語(ノンフィクション門倉が経験した事実)
を皆様に読んでいただきたく、このブログを立ち上げました。
どうして門倉が予想家となったのか。
師匠との出会い。
馬との出会い。
クラブKの会員の皆様との出会い。
馬券の買い方のノウハウ。
パドックでの馬の見方。
など 競馬ファンなら、喉から手が出るほどの情報満載。
そして、ファンならずとも誰もが楽しめるお話だと思います。
最後までどうぞお付き合いください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。