~師匠から教わった競馬の奥の深さ ~ その4


アビーロードにて
「門倉君いらっしゃい。やっぱり来たね。」
「やっぱりって?」
「萩さんが近いうちに門倉君が来るから、その時はマスターから話してやってくれってさ。」
私はいったい何のことかわからずにいると
「実は日曜日萩野さんが来てね・・・」

日曜日のこと
「萩野さんいらっしゃい。今日は(競馬)どうでした?」
「勝つには勝ったけど、少し心がいたくてね」
「どうしたんですか?」
「実は今日門倉君と一緒に行ったんだけど、彼にいろいろ教えるために・・・」
萩野さんはその日の事情をマスターに話した。そして最後に
「実はこんな馬券があるんだよ」
と見せたのは

9R複勝 14番 250000円
10R複勝 3番 250000円


の馬券だった。萩野は自分で予想した馬券を購入していたのだ。

「なるほどね。このことを門倉君は知らないわけですね?」
「彼のことを考えての事だったんだけど、これってよかったのかな?」
「門倉君は萩さんを心から信じているし、
これで彼に考える時間を与えたいという萩さんの気持ちはきっとわかると思いますよ。
そうやってみんな成長していくんですよね」
「そうだといいんだけど・・・・」


マスターが門倉に
「これを伝えてくれって」
「そうだったんですか。」
私は安心したのと師匠の私への気づかいから、熱いものがこみ上げてきました。
<自分が選んだ師匠はやはりすごかった>と嬉しくもなりました。
「おそらく先日萩さんが門倉君に話した内容で話してないことは、馬券は購入金額じゃない。
ということかな。それも教えたかったんじゃないの?」
確かに複勝1000円でかなり熱くなれた。
競馬で稼ごう生計を立てようというのは本当に奥が深いんだなと改めて痛感した日でした。

しばらくして、会計を済ませて店を出ようとしたらマスターが
「萩さんが今週は競馬場に行けないって伝えてほしいって」
「そうですか。ありがとうございます」
これもおそらく師匠のやさしさ、
私に一人で考える時間を持てということだとすぐわかりました。

そして私は自分なりに考えて、
次の土曜日、日曜日ともに競馬新聞を買いはしたものの
馬券を購入することはせず、ただひたすら予想をして、
レース結果を見て的中した時はどこが良くて的中したのか、
また外した時はどこが悪くて的中できなかったのかを検討して2日間を終えた。

そしてなぜか、月曜日に師匠から電話でアビーロードに呼び出された。
当然のように予定をキャンセルしてアビーロードに向かった。

「門倉君、師匠がお待ちだよ」マスターは笑顔で。
「こんばんは。どうしたんですか」
「いや、土日の競馬の様子を聞こうと思って」
「予想だけして、1Rも馬券を購入してないです」
しばらく師匠は考えて、タバコの火を消し、飲み物をぐっと空けて
「マスター、お代わりいいかな」そして
「それは無駄な時間を過ごしたね」 
まさかの言葉に、辺りは真っ白、空白、空虚
静かに時間が流れる。そしてしばらくして師匠が口を開いた。
「どうしてかわかる?」
「いや、全く」
「門倉君は、どれくらい紙面が読めるの?」

私はまた突き落とされた気がした。
今度は真っ暗闇に、そこは混沌としていて、出口のない、まさに深海、大海原。本当に孤立状態。
そして我に返った時に思ったことが
(確かにそうだ。俺はどれだけ紙面が読めてるんだ!?
いや、全く読めていないだろう。
それなのに予想の練習をしても全く無駄。
どうしてこんなことに気づかなかったんだ)

私は師匠に
「いま分かりました。私は全く紙面を読めていないと思います」
「それが分かっただけでも今日来てよかっただろ?」
「はい、ありがとうございます」私はこの時の「はい」を一生忘れないだろうと思った。
「じゃ来週から紙面の読み方を1から教えるよ。但し私が指定するレースを全て予想してきて」
「分かりました」
「じゃ木曜日に連絡するよ」
「はいお待ちしています、よろしくお願いします」
そして師匠だけがお店を出た。
マスターは
「門倉君よかったね。本当にうれしそうだよ」
「だって、本当にうれしいんですよ。あんなにすごい人に出会ったことがないもので、
いや、二人目だ! 麻雀の師匠(西村さん)がいた!
実はみんなにはあまり伝えていないんですが。この人もすごくてね・・・・」
それから2時間もマスターに西村さんの話をしていた。

そして木曜日に師匠から連絡があり指定されたのは日曜日の東京9Rと10Rだった。
私は電話を切ったその時から、すでに予想をはじめていた。

そしてあっという間に日曜日がやってきた。
私は当然前日は12時に就寝して体調完璧な状態で、いつものようにゲートのところで師匠を待つ、
胸躍らせて待つ、時間のたつのがこんなに遅いのかとただただ待つ。
そして、師匠が遠くに見えた。
私はその遠くに見えた師匠に深々と頭を下げそしてよく見ると、またも隣にマスターが・・・

いよいよ私の予想を聞いてもらえる時がやってきたのである。
胸躍らせていた。
しかしここから地獄のような特訓が待っていたのであった。


馬神 シーズンⅢ は
9月20日(水)連載スタートいたします。
 「馬柱の読み方を教わる」
こうご期待!!

※馬神 シーズンⅢは内容をより良いものにしたいので、少しお時間を頂きます。連載日は後ほどお知らせいたします。


~師匠から教わった競馬の奥の深さ ~ その3

その言葉とは・・・
「新聞を持ってこなくていいよ」
どうしてだ!!あんなに頑張って予想したのに、当然新聞を見て検討したいよ~
しかし、師匠が言うには何かしら意味があるはずだ。
私は言われた通りに新聞をおいて一緒にパドックに向かった。

9Rだった。
パドックに来て師匠が
「昨夜予想したことは全て忘れて、パドックだけでいい馬を5頭言ってみ。
人気なんか関係なく、本当に良く見えた馬を」
「はい」と答えたが、
心の中で<そんなのわかるわけないじゃん>と、
どうしていいか全く分からず昨日の予想を思い出しながら、パドックを観てみた。
1番人気から5番人気まではどれも良さそうに見えたので、
私は「1番と3番と6番と9番と14番です」と恐る恐る師匠に伝えました。
「本当にそれでいいのか?」
「はい、いいと思います」と私は何の根拠もなく答えてしまった。
「よし、馬券を買いに行こう」と師匠は馬券を購入し始めた。
何と私がいった1、3、6、9、14番の馬連BOXを各1万円合計10万円購入した。

<マジか!もしこれがだめなら俺の責任だよどうすればいいんだよ。
もう買っちゃったんだから今更人気を言いましたなんていえないしな~。
でも1番人気から5番人気だからこれなら来るだろう>
と心の中でつぶやいているとレースがスタートしました。

4コーナー手前、1番人気から5番人気は全て前にいる。
ただ7番人気8番が大逃げ!
どうせ捕まるだろうと思っていたら、まったく前が止まらない。
しかしそこに突っ込んできてくれたのが2番人気3番と3番人気14番!!
<よしッ!!差せ!!>心の叫びでした!!
ところが・・・
結局8番は2着、1着は2番人気、3着は3番人気。1番人気は直線失速、7着でした。

師匠は笑いながら、
「残念だったね。いいところまで来たけど。これが競馬!仕方ないよ。次行こう」
「続けてやるんですか?」と不思議そうな顔をしていると

「そうだよ。今度は当ててよ!」
<エッ!?なんでまたおれが予想するの?それをまた馬連ですべてBOX?>
私はもうどうしていいか分からないまま、パドックに立っていました。すると師匠が
「今度は1頭だけ選んで」
「はい、わかりました」
おいおい1頭だけなんて18頭もいるのにどうしようか~~。
でも、今度は必ず当てないと、そして師匠にいいところを見せないと!と思っていると
「当てようと思うのではなく、本当にいい馬体の馬を1頭だけに絞って教えてくれればいいよ。
馬券を当てようなんて思わなくていいよ。」
師匠は私の心の中を見透かしているかのように、ただ一言。
そして私は、言われた通りに本当にいい状態の馬、いや、自分がこの馬なら乗ってみたいと思う馬を探そうとしました。
すると不思議と体の力が抜け、辺りの物音がしなくなり、本当にいい状態の馬を見つけて
「3番だと思います」と師匠に伝えると、師匠はにっこりほほ笑んで、
馬券を購入しに行きました。その間に私はパドックの掲示盤を見て愕然!!
何と3番は6番人気!!しまったと思った。最初に掲示板を見ておけばよかったと
思っていたら師匠が帰ってきて、
「席に帰るか」と。
私は引きつりながら
「はい」というしかなく、その途中で師匠に
「3番の馬券を買ったんですか?」と聞いてみた。
「買ったよ。だってあの馬がよかったんでしょ?」
「はい、まーそうなんですけど」私はもうどうしてよいかわからないままいると
「ほら」と師匠が買った馬券をみせてくれました。私は目を疑いました!!

その馬券は

3番 複勝  1000円

なんで!どうして!不安、疑問、自信喪失。このすべてが同時に押し寄せた。
やっぱり俺の言うことは信じてもらえなかったんだ。そりゃそうだよな。前のレースで
あんなに大外しをしたから、そりゃ信じてもらえないよな。

そしてレースが始まった

自信を無くした私に師匠は
「自分が選んだ馬がどんな走りをするかよく見ておくんだよ」と。
私はそうだ、たとえ1000円でも師匠が私がいった馬を買ってくれたんだ。
ちゃんと見なきゃ!その思いが伝わったのか、3番は直線で他の馬とは全く違う
足で突っ込んできた!!私は興奮を隠せず、
「届いて!!」と叫んでしまった」
写真判定!!
そして3着 3番!!!

「よーし!!」とガッツポーズ!!
「・・・」師匠は
「複勝1000円取っただけだけど、そんなに嬉しいの?」と
「はい 的中したことが、何よりうれしいです」
「よかった!!そう思ってくれて」そして一言師匠は
「帰るよ」
「え、もう帰るんですか?メインはこの次ですよ?」
「いいのいいの。それからこの馬券門倉君にあげるから払い戻しいってきて」
「いいんですか?」
「いいよ、だって自分が的中させたんだから!」
「ありがとうございます」私は何も考えずに、馬券を払い戻してしまった。
今思えば払い戻さず、記念に残しておけばよかった。2800円になった。
「今日は俺の責任で負けてしまって申し訳ありませんでした。」
2レースしかやっていないし購入は10万1千円。そのうち的中馬券の
3番の複勝をくれた。師匠がマイナス収支で帰るのを初めて見ました。
しかしこれも私の責任なんだ。もっと勉強しよう。などと考えていると
「時間あるかな?」と
「はい、あります。」断るはずもなかった。
そして二人でお茶を飲みながら、
「今日の9Rはどうして外したかわかるかな」
「俺の相馬眼がなかったからです。申しわけありませんでした。」
「違うよ。門倉君のパドックを観る眼はいいものがあるよ。でも9Rはそれを使ってなかったし、頭数を多く選べて選び方が雑になってたよね。みんなそうなんだよ。
1頭だけという時と5頭という時では、その選び方に差が出るんだよ。だから
9Rは外して10Rは的中したんだよ。まーそれだけじゃないかもしれないけれど、そういうケースが多いのは間違えないね。よくあるのが5頭選んだ時に最後の5頭目が的中するっていう事が多いのはそういうことだよ。5頭目の選び方が他の4頭より絞り込みが入っているからだよ」


「だから競馬はみんな軸を選ぶっていうけれど、それは自分が思う1頭を選んでいるんだよ。
その軸が違うときは仕方ないけど、その馬が4着までに来れば又は
1着と0.4秒差に来ていれば選んだことに間違えはなかったっていう事かな。」

また一つ私のノートに重い言葉が刻まれた。

そして私はまた今日も師匠から学ばせてもらって、しかし心の底では申し訳なさを残して帰宅した。


師匠から教わった競馬の奥の深さ その4へ続く


~師匠から教わった競馬の奥の深さ~ その2


予想する前に予想するレースを決めるって?
どんな馬が出ているかもわからないし、どんなレースなのかもわからないよね?
どうやって予想するレースを決めるの?

またまた分からないことが・・・!?

「予想する前に予想するレースを決めるって?どうするんですか」ときいてみた。

「まずは情報が多いレースを選ぶ
例えば、新馬戦や未勝利戦や馬柱が埋まっていないようなものや2歳戦は情報が少なくて判断しずらいでしょ
よってこのレースを予想するのは後回しまたは(見)するのが<馬券師としての心得>だよ」

この<馬券師としての心得>という言葉をかっこよく思えたが、この言葉はいつ使えるようになるのかかと思うと・・・。

「このことを考えるとまずは8Rくらいから予想をはじめてみるのがいいかな」
「俺は必ず9Rからと決めてるけど」
「どうしてですか」
「理由は先程のこと以外にはないよ
それが俺のスタイルだからだよ
でも、こうして決めておくと予想に入りやすいんだよ」

また一つ私のノートに重い言葉が刻まれた。
そしていつの間にか1Rが終わっていた。
言わなくてもお分かりでしょうが、1Rは2つとも外れていました。

そして師匠は私に「2Rは買わないの?」と聞いた。

私は予想してきたと通りに馬券っを購入した。そして席に戻ると師匠は、

「馬券を見せてみ」と
私は恥ずかしそうに馬券を手渡すと
「どうしてそんなに恥ずかしそうに渡すの?自分が予想して買った馬券っでしょ?
もっと自信を持ちなさい」
師匠は笑いながら
「これは当たるの?」と尋ねててきた。
「その予定ですが・・・」その答え方が面白かったのか師匠はニコニコしながら
「これは当たるかもしれないけど、取りガミだね」と。

結果はやはり取りガミでした。

「3Rはやらないの?」とまたも師匠が
私は
「やります」と答え新聞を広げてマークシートを塗り、席に戻ってきた。

やはり師匠が
「見せて」と
私は今度は堂々と自分の買った馬券を見せました。
1番人気から馬連で相手5頭でした。

やはり先ほどのように師匠は
「これは当たるの?」と
「はい、これはかたいと思います」すると師匠は
「そうなんだ」とただ一言

結果は、今回も的中。しかも相手の1番手で的中。
ややプラスで今回で2連勝!
そして自信が出てきたので4Rは2会場とも購入
しかも、こんなことがあってもいいのかというくらい
2Rとも的中!!
やはりり昨夜頑張った成果か?と嬉しそうにしていると

「飯行くか」と萩野さん。
「はい」と喜んでついていくと
「門倉君は今日はいくらかってるの?」と聞かれたので
「3万円くらいです」と答えると
「4戦4勝だよね?それでどうしてそれしか勝てないか分かる?
どうしてみんな競馬をやる人は負けてるかわかる?これは同じことなんだよ」

「・・・・」困っていると、注文した物が来て

「まっ、食べてからでいいや」と食べていると今度は師匠が
「門倉君はどうして、パドックを見ないで馬券をを買うの?」
「もう昨夜のうちに予想してあるからですし、パドックっをゆっくり見てると閉め切っりに間に合わないからです」
「なるほどね、門倉君は馬券を買いに来てるんだね
俺は勝に来てるんだけどね
稼ぎに来てるんだよ」

「・・・・」

「そんなに不思議そうな顔をしないで、飯がまずくなるよ
悪かったね、食べよう」

そして其の後席に戻ると先程の続き

「4戦4勝しているなら、もっと勝っていても良さそうなものだけど、それしか買っていないのは、外れ馬券を買いすぎてるからだよ
でもみんなそうだよ
だからみんな競馬では負けているんだよ
もっと絞って購入するか、馬券スタイルをかえないと勝てないね」
「どうすればいいんですか」と聞くと
「それは門倉君がどうしたいかだよ。1日にいくら使っていくら勝ちたいかじゃないのかな?」
「馬券の種類はこのままでいいですか?」
「それも人それぞれだね、でも馬券師は普通は1頭馬券だよ
ほとんどの競馬をする人は2頭馬券を購入するでしょ?なかなか的中しないもので
結果ほとんどのヒトが負けてるよね」

「1頭馬券?」

「単勝か複勝のことだよ。特に複勝。これだと好きな馬を買えるし、他に強い馬が2頭いてもその馬を無視できるからね
でも払い戻しは少ないし、爆発力はないし、地味な馬券だけどね
本当に競馬で儲けたいと思うのなら、複勝を主に考えなくては
ただこれだけでも勝てないけどね」

「ぼくも複勝をメイン馬券にすれば競馬で勝てるようになりますかね?」

「すくなくとも今よりはね
たださっきも言ったけどそれだけで勝てるほど競馬は甘くないけどね
だからみんな勝てないんだよ
だから僕たちが競馬で生計を立てられるんじゃないか」

(「僕たち」に自分が入っていないことに残念さを隠せなかった)

師匠が動いた。
「さて、そろそろ稼ぐかな。門倉君もついてきて」
師匠はパッドクに行くつもりのようで、私も慌てて新聞をもって一緒にパドックに
行こうとした時、師匠からまた理解不能なことを言われた。
私はそれが意味することがわからないままいわれた通りにパドックに向かった。

その言葉とは・・・


師匠から教わった競馬の奥の深さ その3へ続く

馬神~シーズンⅡ~


~師匠から教わった競馬の奥の深さ~ その1


雀荘にて

雀荘のマスター西村さん:
「吉田君、最近門倉君はかなり競馬にはまっているようだって?」
「そうなんですよ、最近全く俺たちに付き合ってくれないんですよ。競馬は
土日しかないのに、門倉さんが言うには、月曜から始まってるんですって」
「彼は一度こうと決めたら、とにかく極めないと気が済まないたちだからね。
まっ、それが門倉君のすごいところでもありまじめなところでもあるんだけどね」

そこに吉川と石井がやってきた

マスター:
「いらっしゃい」
石井:
「やっぱり門倉さん、来てないや。ここ2週間連絡もしてないんですよ。吉川おまえは?」
吉川:
「俺もだよ。電話してみるか」
石井が門倉に電話する
「あっ!門倉さん?どうしたんですか?今週は全く姿を見てませんけど?」
門倉:
「明日は俺にとってとても大切な日なんだよ。だからここ2週間は仕事か競馬だけの2週間なんだよ。ごめん麻雀はいまはきついかな」
「身体壊しますよ?少しだけ息抜きどうですか?」
「ありがとう、心配してくれて。ジャ、少しだけ顔出すわ。でも今日は麻雀はいいや」
「分かりました。待ってます」

30分後門倉が現れる

みんな:
「門倉さん元気ですか?ドコモ悪くないですか」
「おいおい、たった2週間じゃないか?なんだよお前ら?俺の彼女か?」
「だって、2週間も門倉さんのこと見ないなんて、心配ですよ」
「門倉さん~」
「おいおい」門倉はあきれっていた。
「飯でも行くか?」
「門倉さん、たまには恵ママのところに行きますか?門倉さんがもう1ヶ月以上も来てない。元気なの?って言ってましたよ」

「ジャ、久しぶりに行くか?」
「流石、話が早い。門倉さんが言えばみんな行きますから。」
「お前が一番うれしそうだよな、吉川」
「そんなこと、ありますよ」

そして恵ママのお店に

恵ママ:
「アラ、雅人くん、久しぶり~?何してたの?」
(なんでこうもみんなおれが常連のように言うかな・・・?別に指名があるわけでもないのに)
そして呼んでもいないのに、俺たちの席に恵ママと葵が。。。

恵ママ:
「ここいいですか?」
門倉:
「ここ予約がありますんで」
恵ママ:
「雅人くん、ここは私がね!」なら最初から聞くなよ・・
「最近競馬にはまってるんだって?」
葵:
「私も好きなんだ~」

おいおいどうしてこんなところまで俺の情報が流れてんだよ?
吉川と石井を見ると、(俺たちは知らないよ~と、いかにもこいつらが漏らしているような顔をしていた)

門倉:
「ママね、俺は競馬にはまっているんじゃなく。萩野武という人にはまってんの」
恵ママ:
「誰?」
門倉:
「俺の競馬の師匠!明日も競馬に行くから今日は早く帰るね」
この後3時間もいることになるとは・・・

急いで帰宅して明日の予想を全部のレース(24レース)して、俺が寝たのはAM4時のことだった。

翌朝?競馬場のゲートのところでいつものように9時30分に師匠を待っていると
いつものように、師匠が現れた。しかしいつもと違うのは師匠独りだった。
「おはよう」
「おはようございます」
「昨夜は寝た?」
「余り寝てません、今日の予想をしていて」
「何レース予想してきたの」
「全レースです。24レースです」俺は鼻高々に応えました。
するとその後、沈黙が。
いつものように指定席に行くと(師匠が用意してくれていました)
「予想した新聞、見せてみて」と難しそうな顔をして
しばらく沈黙が、この時間のとても長く感じられたことはいうまでもありません。
まるで試験の結果を待つかのようでした。
そして師匠が一言
「だめだね」―でた~やっぱりだめだし
私は目が点になり、どうしてか?何がだめなのか?わからず、
「どのレースですか?」と聞いてみた
「レースじゃないよ」―まただ~????何がいけないのか分からず困っていると
「全部予想したことが良くない」
いきなり朝から(来たー??)また分からないことが。
困っていると
「まずわからなかったら、困った顔をしていないでどうしてか聞くこと」
「はい」そう答えるしかなかった。

「どのレースを予想するか予想する前に決めないとどこかでつかれていい加減な予想をすることになるでしょ。決して全レースなんか予想するもんじゃない。全部やるならいいし、楽しみたいならそれでいいけど俺に競馬を教わるということは<勝ちたい>んでしょ?なら予想する前に予想するレースを決めなきゃだめだっよ」

「はい分かりました」と答えたが
あれ?それってどういうこと…?


師匠から教わった競馬の奥の深さ その2へ続く


馬神 シーズン2

馬神 シーズン2 は
8月9日(水)連載スタートいたします。
門倉が 萩野 武 の弟子入りし、どう成長していくのか!
こうご期待!!









次のページ

スポンサーリンク

プロフィール

UMAKAMI

Author:UMAKAMI
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (0)
馬神 (1)
馬神 ~師匠との出会い~ (9)
馬神~師匠から教わった競馬の奥の深さ~ (4)

最新記事

登場人物紹介

主人公 門倉 雅人
競馬の師 萩野 武
友人1  吉川
麻雀店のマスター 西村 
カウンターバーのマスター 藤井
友人2 石井
友人3 岸本
友人4 吉田
クラブのママ 恵
クラブのホステス 葵
クラブのホステス 楓

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

最新コメント

『馬神降臨』

物語タイトル 『馬神降臨』

門倉が、クラブKの会員の皆様 他 競馬好きなファンの皆様へ
競馬をただ単にギャンブルとしてではなく、もっと、競馬を馬を愛してもらいたい。
競馬をただ単そういう気持ちからこの物語(ノンフィクション門倉が経験した事実)
を皆様に読んでいただきたく、このブログを立ち上げました。
どうして門倉が予想家となったのか。
師匠との出会い。
馬との出会い。
クラブKの会員の皆様との出会い。
馬券の買い方のノウハウ。
パドックでの馬の見方。
など 競馬ファンなら、喉から手が出るほどの情報満載。
そして、ファンならずとも誰もが楽しめるお話だと思います。
最後までどうぞお付き合いください。